フォトアルバム

たのしい青空つどいの家

  • Cimg9662
    青空つどいの家新店舗はたのしいものがいっぱいです!

おいしい青空つどいの家

  • Cimg9483
    青空つどいの家新店舗はおいしいものがいっぱいです!

旧青空つどいの家の歩み

  • 9
    「青空つどいの家」ってどんなところなんでしょう? 想像したって、わからない! それじゃぁ、見てみましょうよ! こんなところです! 本当、普通のおうちでしょう?!
Powered by Six Apart
Member since 05/2006

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

青空、出店します!

来る、8月31日、青空つどいの家は、「24時間テレビ、愛は地球を救う」チャリティーイベントに出店することとなりました!

当日は、前年度予約客で行列が出来たほど大好評だった「フットケア(足裏つぼ押しマッサージ&ハンドケア)」footを行います。このマッサージは、資格を持った職員が毎日利用者さんにやっており「足が軽くなった」「夜もぐっすり眠れる!」とお褒めの言葉を頂戴するほど、青空でも人気のサービスなんです!

また、他にも石に色artを重ねて作るpenペーパーウエイト(石の置物)作りも行います。他にも、看護師達による健康相談&バイタルチェックmemoも行っております!

他にも、青空のパネル展示、利用者さんが作った作品展示なども同時開催中

是非是非青空の活動に一緒に参加してみませんか?気軽に遊びに来てくださいね!

お待ちしています=wink

2008年8月23日 (土)

笑いが一番!

100_0576 100_0577

今日は、とても意味がわからないほど、なぜか大笑いhappy01しっぱなしの一日でした!

新しい利用者さんが仲間入りし、話題がいろいろと膨らみ、会話が途切れることなく、あっという間に一日が終わってしまいましたよup

前回紹介した手作り浴衣を着付けしてもらい、せっかくなので<記念写真>でもということで、あれよこれよと言う間に、なぜか撮影会に・・・・camera

先輩方の芸達者には、驚きの一言です・・・coldsweats01 若い衆、先輩の背中を見て、成長していきますgood

皆も、「家ではこんな事も出来ないし、あんな事も話せないよなぁ~」と口を揃えて言うのです。

実は、利用している皆さんも、家にいながらいろいろ家族の方々に気を使い、大変な思いをしている方もいるようですdespair

是非青空で、ストレス発散punch ここでたくさんの元気をもらっていってくださいねfull100_0803100_0816

2008年8月18日 (月)

真夏の果実

青空の真夏の果実・・・ それは・・・・・・、100_0684

青空農園で収穫した、みずみずしい「桃」なのでした!

皆で農園の様子を見に行こうということで、離れの農園まで車で行き、涼しい風が吹き抜ける中、もぎたての桃をその場でパクリrestaurant

利用者さんは、それぞれ農業に過去関わっていた方ばかり。今はもう体力もないからと、引退宣言が出ていますが、たまに現場に戻り、その空間にいる事で、とても自然に笑顔がこぼれてくるのですね!

もう、皆さん目つきは、輝いていました。手が自然に伸びる先には、足元に生える緑の草や、でくでくした土や、井戸水や。

普段外出を好まない男性の方まで、一番に「行く!」といったのには、納得でした!

100_0678 100_0679

2008年8月12日 (火)

7月号*青空通信

20.71.docをダウンロード

長らく、新聞をネット上に載せることが出来ずでした。

パソコンかソフトのバージョンによって、うまく見る事が出来ないものもあったようですが。。

見れない方は、ごめんなさい!

手作りゆかたの夏

ここには、若い頃お裁縫hairsalonの先生をしていた方がいるんです。

その方と、和裁について話をしていたら、

「あなた、浴衣一枚ももっていないの?!」

私「はい・・・・実は。。 着た事もなくて。。。」

の話になり、なんと、その方、「私が作ってあげるわよ!」と、一針一針丁寧に、ゆっくり時間をかけて、反物から美しい浴衣を作ってくださったのです!

本当、手縫いの浴衣なんて、私にとっては、豪華すぎるほど立派な品物でして!最初触るにも、ドキドキしてしまい、胸がもう感動で一杯でした!

あぁ、この感動、言葉にならない・・・・crying

そして、さっそく着付けもしてくれました。 さすが、手馴れたものです。 

私も、なかなか今まで着物や浴衣などに触れる機会 もなく、私にとってはとても遠い世界のように思っていました。何か、そう、特別過ぎて、私には手の届かない存在。

でも、これをきっかけに、着付け教室にでも通って見ようかしら。そして、今度は自分でゆかたを作って見ようかなと、真剣に思うようになりました。

手から手へ。。 人から人へ。。。技を大切に伝えていきたい。 

いつか、私も人に何かを伝えられる存在になりたいものです・・・108_0574

青空の姑さんは、とても心強い存在なのですheart02

100_0644

2008年8月 3日 (日)

いつも、いつでも、いつまでも。

ここの利用者さんに、とても頑固そうで、職人肌のAさんがいるんですが。

「何かしたいのありますか?」と聞いても、「別にない。」と言い、大体は、昔からの知り合いとおしゃべりして一日を過ごす。けど、なかなか他の利用者さんとは会話を交わすことなく、いつも端のところに座って、皆の様子を伺っているような感じの方なんです。

最初の頃、私達は(Aさんは、ここにいるのが、つまらないのかしら??)とよく心配をしたものでした。

先日、彼からぼそっと、こんな会話がありました。ふとした、何気ない瞬間の間に。

「俺よ、、、、。 自分の足が動けるまでよ、青空に来てもいいのか?」

「もちろんよ!」私は答えます。 「そうか、そうか。良かった、安心した。」Aさんも、ほっとしたように笑って答えます。

「俺も、いつまで歩けるかどうか、心配になって。。また寝たきりになるのが、怖くてよ。」(彼は、以前闘病生活を送り、ほぼ寝たきりの生活が長く続いた過去在り)

彼も、心の内に、将来に対する不安が渦巻いていたのですね。 <また歩けなくなったら、どうしよう。。>

 「歩けなくなったら、車椅子で迎えに行くから、大丈夫だって!ずっと、ここさ来てけろ。」そう付け加えると、Aさんの顔は、更にくしゃっとなって優しくなったんです。

大丈夫、いつでも、お傍にいますよ! 皆、あなたの事、大好きなんだからねheart04

どうぞ、利用者さんの心の中に、青空が、一つの<心の帰る場所>になってくれたらと、願っています。

いつも、いつでも、いつまでも・・・ 

2008年8月 1日 (金)

青空の姑

青空の畑のたくさんの野菜たちは、それぞれの美しい色と旬の味を、競い合うかのように実りを続けています!

私達も、その恵みに感謝し、日々自然からちょこっとづつおすそ分け。

ここには、たくさんの姑さんshineshadowshineがいらっしゃるので、日々私は花嫁修業に没頭しております。

というのも、例えば、漬物の漬け方、紫蘇巻きの作り方、反物からの浴衣の作り方、伝統行事等、本や教科書、学校では教えてくれない事が、目の前で実演されるのだから、これはこれは、もったいないくらいの話である。

そして、何よりも為になるのは、「人生勉強」である。人生の先輩方からの、良きアドバイスは私の心を強く打つものなのです。。。。

「人生って、素晴らしい!」「良き師匠に出会え、感無量でございます!」

本当、人との出会いって、偶然だけど、必然で出来ているのですね。 ありがたやっ!

でも、日々10人ほどの姑さんに囲まれて過ごすというのも、これはまた贅沢な話というか、なんというかcoldsweats01 ・・・・・・ 世の中の、勉強になります。。。。

100_0524 100_0569

最近の写真

  • Cimg2298
  • Cimg2271
  • Cimg2264
  • Cimg2257
  • Cimg2186_2
  • E6236bd9930646338eb0998ab642fc39
  • D121b7ecdb6f41068f4e0d30fea31cc9_2
  • 1_2