フォトアルバム
Powered by Six Apart
Member since 05/2006

旧青空つどいの家の歩み

  • 9
    「青空つどいの家」ってどんなところなんでしょう? 想像したって、わからない! それじゃぁ、見てみましょうよ! こんなところです! 本当、普通のおうちでしょう?!

おいしい青空つどいの家

  • Cimg9483
    青空つどいの家新店舗はおいしいものがいっぱいです!

たのしい青空つどいの家

  • Cimg9662
    青空つどいの家新店舗はたのしいものがいっぱいです!

2022年5月12日 (木)

今日は素敵なカフェランチ



青空カフェがコロナ禍により長い休止へと入ってから、

青空カフェ上にある隙間にスズメが巣作りを始めたようで、

カフェの玄関口には、スズメが運んできた枯草が散らばっていました。

いやはや、追い立てるのもかわいそうですが、散らかされるのも困るもの。

それでも、しばらくは、掃除をしながら、のんびりとその様子を眺めることにしましょうか。

さて、本日は青空で行っているチャレンジカードのポイント達成者の利用者さんが、

昼食を青空カフェランチに変更して頂くことになっています。

ちなみに、本日のカフェランチメニューは青空特製「ざる中華」となっています。

特別に席を設け、利用者さんに席に着いてもらいました。

卓上には、ラベンダー飾りまで置かれており、いつもとは異なる雰囲気に、

最初は戸惑われている利用者さん。

それでも、目前の豪華なランチに

「美味しそう!外に食べにきたみたいだ。」

と、興奮気味。


S__33497097


職員から、ざる中華の食べ方を聞いてから、召し上がられていました。

「お腹いっぱい! とても美味しかったよ。」

と、満足された本日のカフェランチでございました。


S__33497093


これからも、少しずつこうした特別なひと時を体験できる利用者さんが、

増えて喜んで頂ければと思います。




2022年5月11日 (水)

天気が良いので動物園に



穏やかな天気が続いております。

そんな中、利用者さんから、

「そういえば、河北町には山形県で唯一の動物園があるんだってね。新聞で見たわ。」

と、ずいぶんと以前に孫を連れて行かれたことを話してくれました。


天気予報では、明日からしだいに天候が悪くなってくるというので、

出かけるなら今日だろう、ということで午後から思い切って、

利用者さんを連れて、谷地の動物園へと出かけてきました。


S__33472534


久しぶりに動物園を訪れた利用者さんは、

「懐かしいわぁ。来れて良かった。」

と、感激している様子で、園内の動物を、檻越しに眺められていました。

近くにありて遠きもの、

誰かと一緒に訪れた動物園は、その楽しみもまた特別なものだったようです。


S__33472537


2022年5月 9日 (月)

ゴールデンウィークの母の日に

今年のGWは、皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。

3年ぶりに行動制限のない連休に加え、天候にも恵まれ、

多くの人の流れがあったようです。


そんな中でも、青空は、いつも通りの通常営業にて、穏やかな日和を、

利用者さんと一緒に過ごしておりました。

気持の良い風を入れようと扉を開けていたら、なんと燕のつがいが迷い込んできました。

思わぬサプライズに驚きましたが、無事に空へと飛び立っていきました。


S__33464337



さて、そんな中にありました母の日ですが、

青空では母の日のためにいくつかのお楽しみがありました。

ひとつは、創作にてカーネーションを皆で作成し、お持ち帰りされています。

母の日の記念として、家に飾っておけると喜ばれております。


S__33464329


また、調理師さんからは、母の日の特別メニューとして「紅花御膳」が提供されています。

淡い黄色のご飯は紅花の色、また縁起の良い海老の天ぷらが提供されました。

見てよし、食べてよしの御膳に、利用者さんの箸もどこから手を付けていいのか

迷われている様子が見られました。


S__33464343


そして、最後は、私自らがマドロスの衣装に着替えまして、利用者さんへ歌のプレゼント。

皆さんの手拍子賑やかに「憧れのハワイ航路」を歌い上げて、

皆さんの気持をハワイへと連れていっております。

ゴールデンウィークは、賑やかに駆け抜けた青空つどいの家でした。



2022年4月12日 (火)

山へ春探しに



全国的に急速に気温が上昇しており、まるで初夏のようと例えられています。

青空では、春探しとして、利用者さんと一緒に、近くの岩木山周辺へ

春探しのドライブへと出かけております。

さて、春探しということで、探すのは何ぞやということですが、

我らが捜していたのは「蕗の薹」であります。

食べられる春の味覚である蕗の薹は、

山あいの道路脇や駐車スペースに多く見られます。

車で出かけられる度に、ビニール袋にはたくさんの蕗の薹の収穫がありました。


Img_9015


持ち帰った蕗の薹は、さっそくと3時のおやつにと

天ぷらで揚げられて、皆さんに振舞われています。

美味しい春の味覚に、舌鼓を打たれておりました。

ごちそうさまでした。


Img_9017





2022年4月 7日 (木)

ちゅいーる



春の陽気が射し、しだいに温かくなってきております。

今日は、午後から和菓子職人の斎藤氏の指導のもと、

洋風煎餅のチュイール作りを行っています。

ちなみにチュイールとは、瓦のことなんだそうです。

湾曲した形は、山形の菓子店でも売られているのを見たことがあるので、

実際に食べられたことがある方も多いのかと思います。

そのお菓子を、施設で作ることができるというのは青空だけ!


S__33120311


皆さんも興味深げにお菓子作りに参加されていました。

加熱した生地を湾曲の形に成型するために用いた器具は羊羹で使用する器だそう。

手作りするのは初めての方がほとんどで、皆面白くお菓子作りに参加されていました。


S__33120314


出来上がりの品も、3時のおやつで皆美味しく召し上がられていました。

食べるだけではなく、見た目の面白さにもこだわっているのが素敵ですね。



2022年4月 2日 (土)

新年度からあたらしく



4月となり新年度が始まりました。

青空では、新年度に合わせて体制が新しく変わります。

本日は、その報告となりますが、4月の1日と言えば、

世に言われるエイプリルフールと重なります。

信憑性が疑われかねませんが、報告の内容は、青空にとっては大きなことです。


この度、青空つどいの家の管理者、並びに当ブログの更新も兼ねている田宮ですが、

新体制に合わせて、この度、有限会社 青空介護サービスの代表取締役に就任することとなりました。

ただ、これまで同様に、青空つどいの家の管理者、ならびに生活相談員も引き続き兼任する形となりますので、

青空つどいの家における業務自体には大きな影響を与えることは、

直ちにはないものと考えております。

これからも、利用者様、ご家族様共にに満足頂けるように

青空つどいの家を、ますます盛り上げていきたいと考えております。

今後とも、有限会社 青空介護サービスをよろしくお願い申し上げます。



有限会社 青空介護サービス 

代表取締役 田宮 尚道





2022年3月26日 (土)

初モノ蕗の薹



青空に来所されている利用者さんから、春の到来を告げる蕗の薹の差し入れを頂きました。

これは、さっそく頂かないとということで、

利用者さんと一緒に、三時のおやつで、蕗の薹の天ぷら作りを行っています。

たくさん頂いた蕗の薹が、あっという間に天ぷらとなっていきました。


S__33079301



今年初めて口にされたという利用者さんも、

美味しかったと笑顔で召し上がられていました。

今日の青空は、美味しい春の香りに包まれていたのでした。

S__33079303






2022年3月25日 (金)

青空カフェランチ

小春日和とは今日のような天気を言うのでしょうか。

とても気持ちの良い青空が広がっており、車でみる雪解けの田んぼの中に、

点々と見える白鳥の姿が春の到来を告げているかのようです。

さて、本日、青空で行っている特典が得られるチャレンジカードですが、

100ポイントを貯められた利用者さんが、その特典として、

通常のランチを変更して、青空カフェランチを頂ける特典を得られました。

本日がそのランチの提供日ということもあり、

特別にセッティングされたカフェルームにて、利用者さんに提供されたのは、

海老天が2尾ついた【海老天そば】でした。

「わたし、ここで食べるおそばが大好きなの」

と笑顔で語られていました。

今回は、蕎麦に加え、小鉢やおにぎりも付いての豪華仕様で、

利用者さんも、お腹いっぱいに満喫されたようでした。


S__33062917


また、ポイントを貯めて食べてみたいわ。

そう、おっしゃられていた利用者さんが印象的でした。


S__33062919





2022年3月11日 (金)

鎮魂の日



今日で、東日本大震災発生から11年目を迎えます。

利用者様を前にした、朝のお話でもその話に触れたところです。

今も3万8千人ものかたが避難所暮らしをされており、震災関連で亡くなられた方は

1万9千人にものぼっております。

利用者さんに聞いてみました。

11年前のあの日、午後2時46分は何をされていましたか?

E様
地震があったので、小学校に子供を迎えに出かけたのを覚えている。

U様
娘と一緒にいて、地震に驚いて外に逃げ出したところ、娘の車が凄い揺れていた光景が今でも忘れられない。

M様
丁度、灯油を詰めていた時に地震が来たので怖かった。

K様
娘と一緒にお茶のみをしていた時に地震がきて驚いた。



11年前に発生した地震のあった日のことを覚えられている方のお話でした。

もちろん覚えていない方もおられますが、多くの利用者さんの中には、

あの時の地震の恐怖が忘れられない思い出として残っているようでした。

今日は、午後2時46分に町でサイレンが鳴ります。

私たちも、その時は手を止めて、鎮魂の祈りの黙とうを捧げました。


S__32858116




2022年2月24日 (木)

ラストPBC



朝から雪がはらはらと降る天気でしたが、昼にかけ青空が広がってきました。

雪のピークは、過ぎたようで、あとはしだいに雪も溶けていく傾向へと移るのでしょう。

雪解けの時期だからこそ、屋根からの落雪事故や、転落事故には十分気をつけたいものです。


青空では、今日も男性の利用者さんが、午後からのおやつに向けて、

くるみと豆腐をすりこぎですりつぶしてくれるお手伝いを引き受けてくれていました。

力強い男性の力は、頼りになるところです。


S__32702472



さて、青空ではかねてより集めていたペットボトルキャップを、

この度、近隣の西里小学校へと引き渡しに行ってきました。

この度、お渡ししたのは、集めに集めたペットボトルキャップ袋が、11袋となりました。

少しでも、世の中の役に立つものであればと思います。


Photo


ただ、このペットボトルキャップ収集も、今月をもって終了することとなりました。

世の中の変化に伴い、ペットボトルキャップの収拾に対する費用対効果が、

見込めなくなってしまったということが主な要因なのだそうです。

これまで、利用者さんからもお持ちいただいていた、ペットボトルキャップも、

それに合わせて、青空での収集を終了するものとします。

皆さん、これまでご協力頂き、本当にありがとうございました。



2022年2月 7日 (月)

チャレンジ・ゲットだぜ!



青空では、来所時や様々な活動を通して、ポイントを取得することができるという

チャレンジカードを活動の一環として行っております。

ポイントが、特定の数に達すると、様々な特典や景品と交換することができます。


S__32514072


本日、ポイントが溜まり、景品への交換を達成された利用者さんがおります。

ポイント50得点との交換は、

「青空お楽しみ袋」

いったい何が入っているのかは秘密ですが、とっても良いものです。

今回、初めてのお楽しみ袋達成者ということで、我らも嬉しい限り。

皆さんの前で、利用者さんへ贈呈式を行っております。

達成されました方、おめでとうございます。

中身は、家に帰ってから確認してみてくださいね。




2022年2月 5日 (土)

春を待ちながら



暦の上では、春なのですが、今日から明日にかけ、再び寒気が流れ込み、雪が降るそうです。

早く花咲く春が訪れてほしいものです。

さて、青空では、春を想う壁創作品が急ピッチで進んでおります。

今日も、3人の利用者さんが、大きなパネルに向かいながら、作品作りをされていました。

それぞれの個性が出ている飾り付けも味が出ており良い感じです。

完成が待ち遠しく、きっとそれが壁を彩る頃には、春の兆しが見えているかもしれません。


S__32514050



また、今日も大盛り上がりの大人の学校では、

「蠅とり」のお話で盛り上がっていました。

昔は、良く目にしていた天井に吊るすタイプの蠅とりですが、

それにまつわる豆知識や、昔を懐かしむ思いで話で盛り上がっておりました。

とりわけ、蠅とりに絡まった野良猫が助けを求めやってきた話が面白かったです。

あなどるなかれ、頭を使う大人の学校は、笑いも起こる面白い授業となっています。


S__32514054




2022年1月19日 (水)

あけまして避難訓練

2022年を迎え、まもなく20日ばかりが経とうとしておりますが、

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

今年も、青空は笑顔で楽しく、コロナに負けないように頑張っていきたいと考えております。


さて、唐突ですが、本日は、自衛消防訓練を行っております。

防火管理者の施設長を中心に、スタッフ、利用者一同、全員が参加しての訓練です。

火の元は、調理室と想定して、スタッフからの火事ぶれからスタートし、

それを確認した通報担当のスタッフは、119のボタンを押して通報を行います。

その間、消火班が現場に駆け付け初期消火を行っている内に、

残りの職員で、利用者さんを安全な非常口へと誘導します。

迅速な行動により、前回よりも早いタイムでの避難完了となりました。


S__32333850



S__32333848


また、スタッフと利用者さんにも協力してもらって、水消火器の使い方の確認、

そして、使用方法を学んでおります。

寒さはありますが、雪も止んでおり、丁度良い消火訓練日よりとなりました。

一人暮らしの利用者さんも、職員と一緒に水消火器に触れて学びました。


S__32333830



S__32333841


各地で、火事が頻発していますので、速やかな初期消火と避難を心掛けたいものです。

今後とも、青空をよろしくお願い致します。




2021年12月29日 (水)

2021年も無事おわり

12月29日の務めを終え、今年の青空つどいの家の業務も、無事終了となりました。

最後まで、利用者さんとは、暫しの別れを惜しみつつ、

2022年の再会を誓い合ったのでした。

さて、青空では利用者さんに楽しんで頂けるようにと忘年会を開催しております。

舞台を用意し、またまた私めの股旅舞踊を披露し、職員も花笠音頭で盛り上げます。


Line_album__211229_17_2



Line_album__211229_24_2


Line_album__211229_15_2


最後は、皆も手拍子で参加してのハッピーになれるフラダンスの競演となりました。


Line_album__211229_14_2


また、特別に記念として、利用者さんとの踊りの衣装での記念撮影に臨んでおります。

今回、希望された方には、一緒に撮った写真をお渡ししておりますので、

記念の一枚となりましたでしょうか。


Line_album__211229_6_2


今年も、皆さまには大変お世話になりました。

それでは、良いお年をお迎えくださいませ。




2021年12月20日 (月)

ひと足早いクリスマス



あっという間に周囲が白く包まれた積雪の朝は、

雪かきから始まりました。

敷地内には水を撒いて、雪を散らしていますが、国道沿いということもあり、

施設の入口前には、除雪された雪が残されていました。

そこは、手作業にて、除雪を頑張ったところです。

今週は、青空でもクリスマスイベントが開催されます。

利用者さんにも協力してもらって、午前中からケーキ作りで使用する

りんごを煮てもらったり、女性陣も加わってのケーキのデコレーションも行っております。

皆で飾り付けされたケーキは、とてもかわいく美味しそう。


S__31875086



S__31875084


そして、最後に待っていたのは、青空サンタの登場です。

皆さんに喜んでもらおうと思って、ささやかなプレゼントを皆さんに

お渡ししております。

利用者さんも、トナカイに扮して、場を盛り上げてくれました。

皆さん、一人一人が受け取られたプレゼントに興味津々です。

楽しい一足早いクリスマスイベントでした。


S__31875087




2021年11月22日 (月)

続く外出活動



雪の予報も近づいてくる中ですが、

今の機を逃してなるものかと、青空では、

慈恩寺にできたガイダンス施設「慈恩寺テラス」へと出かけています。

普段、外出する機会がない利用者さんらは、

特に、こうした観光施設に訪れること事態も、大変久しぶりなこと。

今日も、数人の利用者さんと一緒に、施設を訪れています。


S__31588378


目玉はやっぱり、慈恩寺の歴史を知ることができるラウンドシアター。

青空の利用者さんだけの貸切上映でしたが、

皆さんも食い入るようにその映像をご覧になられており、楽しまれたようでした。

帰りは、慈恩寺境内前を、軽くドライブして帰りました。

近場に、こうした歴史的な文化遺産があることを誇りに思いつつ、

皆が、一緒に行くことができて良かったとお話をされていました。



S__31588374




2021年11月18日 (木)

楽しいな外出活動



山形県では、14日連続でコロナ新規感染者数0を維持しております。

こうして数字に表れたことで、県内では制限の緩和が行われました。

こうした状況に基づいて、青空つどいの家でも、

ついに外出活動を始めることができました。


利用者さんからも、外に行くことが出来なくて残念という声が上がっていたので、

本当に、やっとと言う感じです。


目指したのは、新しく開設されたガイダンス施設「慈恩寺テラス」です。

行ってみたいという利用者さん5人を連れて車に乗り込みます。

こうして、ドライブに出かけるのも、なんて久しぶり!


S__28663811


車中での利用者さんも、いつもより気分が高揚しているのが伝わります。

来るまで数分の場所に、施設があります。

職員を先頭にして、施設内の展示を回られます。

当施設の目玉は、大型ラウンドシアターにて慈恩寺の歴史を知ることができる映像作品です。

初めて体験する映像体験に、利用者さんも静かに見入っておられました。

わずかばかりの滞在時間でしたが、

皆さんも、満足そうな表情で施設に戻られていました。


S__31571978






2021年11月10日 (水)

菊チラシと歯科検診



立冬の後、暦の上では冬となりました。

近所の方より黄色鮮やかな菊を頂きました。

さっそくと利用者さんに協力していただき、菊チラシをお願いしてもらっています。

こんな中でも、ソーシャルディスタンスでの菊チラシです。


S__31449095



S__31449096


散らしてもらった菊は、午後よりおやつの材料となりましょう。

お浸しになるのか、天ぷらになるのか、楽しみです。


S__31449093



今日は、歯科衛生士さんによる口腔ケアが行われています。

対象の利用者さんは、順番に並んで検診を受けられていました。

いつまでも、自分の歯で美味しい食事をとり続けていきたいものです。


S__4153360





2021年10月16日 (土)

のり葉てんぷら



利用者さんから頂いたのり葉

正式な名称はよくわかりませんが、利用者さんが施設にと持ってきてくれました。

今日は、手作りおやつのどら焼きと一緒に、

のり葉の天ぷらを、利用者さんに揚げてもらいました。


S__31162373


香ばしい味わいに揚がり、

塩風味と味噌風味で、利用者さんに提供されています。

皆さん、美味しそうに召し上がられていました。


S__31162371




2021年10月14日 (木)

菊のお手入れ



利用者さんが施設に菊の鉢を持ってきてくれました。

皆で菊の花がきれいに咲いたところを楽しんでもらいたいという気持ちはありがたいものです。

時間がある時は、玄関前に置いてある菊の様子を見に出かけられ、

鉢に水をやられていました。

菊は、ゆっくりと咲き長く人の目を楽しませてくれます。


S__31105030




2021年10月 8日 (金)

ドレスに心もつややか



今日は、たくさん頂いた枝豆を茹でてもらい、利用者さんに協力してもらって、

枝豆の豆はじきを行ってもらっています。

たくさんとれた枝豆は、その後すり鉢でつぶしてもらってぬたになりました。


S__31031313



今日は、利用者さんの誕生会が行われました。

希望の利用者さんには、ドレスを着用してもらって、皆の前に登場しています。

素敵ないでたちに、表情も晴れ晴れ。

やはり年齢を重ねても、女性なんだなと思ったところです。

皆から、たくさんの祝福を受けて、表情をほころばせておりました。


S__31031309



ちなみに、利用者さんから作ってもらったぬたは、

誕生会の後のおやつの時間に、赤飯と一緒に、利用者さんへ振舞われております。


S__31031308






2021年10月 7日 (木)

稲刈り体験



笑和感の岡田施設長から頂いた稲が収穫の時を迎えたので、

秋晴れの本日、稲刈りを実施しております。

桶2つ分の稲でしたので、代表者2名による刈り取りです。

本来は、青空では秋の収穫祭が行われている時期なので、

こうした稲刈りが本来、そのイベントで使用されていたのを懐かしく思い返されました。



Cimg4812


来年は、コロナが落ち着き、これまでの日常が戻ってくるのでしょうか。

その時が来ることを願うばかりです。


Cimg4826





2021年9月20日 (月)

お楽しみ敬老会



世の中3連休ではありますが、青空は通常営業であります。

そして本日は、敬老の日ということもあり、青空に来ていただいた利用者さんにも、

お楽しみをプレゼントしたいということで、今日はお楽しみ敬老会を行っております。


Img_e3318


舞台では、もちろん私も股旅舞踊でオープニングを飾り、

職員も、この日に向けて用意した歌と踊りのプレゼントを披露して

利用者さんを楽しませております。


Img_e3310



Img_e3306


秋晴れの中、風も気持ちよく、赤とんぼがふわりゆらりと飛んでいます。

秋祭りは、自粛を伴いながらも、今日が最終日となっています。

この日を区切りとして、稲刈りが一気に進むのでしょう。


Img_e3289


今日は、職員、利用者とも楽しんで、気持ちよく過ごせた一日となったのではないでしょうか。


Img_e3288






2021年9月18日 (土)

県内長寿豆知識



「お話のネタにどうぞ!」

と、利用者さんから手書きのメモを手渡されました。

それは、新聞に掲載されていた記事を手書きで写されたものでした。


山形県内における100歳以上の方が何人いるのかという調査結果です。

そこに示されていた人数に驚きました。

なんと現在、山形県内で100歳以上の方は971名いるのだそうです。

そして、その男女の内訳を見て、またびっくり!

女性が847名に対して、男性はたった124名なのです。

ものすごい男女差が、顕著に表れています。

女性が長生きするということに関する説はいろいろとありますが、

デイサービスに訪れている利用者さんの男女比に極めて酷似しているのが面白かったです。

社交性があり、他者と触れ合うことで生活に意欲をもたれているからなのか。

畑仕事や労働に従事することで身体を酷使してきた男性、

仕事にのみ打ち込んできた方も多く、他に楽しみを持ちにくい気質があったのかもしれません。


ちなみに、最高齢者は、寒河江市の方で109歳の女性でした。

現在、県内には白寿(99歳)となる方が1027名もいるそうです。

これでは、来年の100歳以上の数字はいかほどに変化するのでしょうか。

少子高齢化、果たしてこの数字が示す未来はどうなっているのでしょうか。





2021年9月 8日 (水)

肌寒し



9月になり、急に肌寒くなりました。

皆さん、季節に合わせて長袖の衣類を身につけ来所されています。

それでも、私は相変わらずの半袖での出勤です。

衣替えが追い付いておりません。


それにしても、気候がこうも変わると、体調を崩されている利用者さんも

増えてきております。

皆さんも、気を付けてお過ごしください。



今日は、青空では、元気になれる職員の花笠踊りが披露されております。

練習を一切していない私も、飛び入りで参加して踊ってみましたが、

皆がバラバラの踊りになってしまいましたが、とりあえず盛り上がれました。


S__28663811





2021年9月 6日 (月)

パラリンピック閉幕



パラリンピックの閉会式が昨夜行われ、これで東京オリンピック2020は、

一区切りを迎えたわけです。

オリンピックの開催国の力を世に示す手段の一つとして

捉えられている開会式・閉会式のセレモニーは、大きな話題を呼びました。

個人的な意見として、パラリンピックの開会式、閉会式ともに

心に残る優しさが溢れているように感じられたセレモニーだったように思われます。

コロナ禍の中で苦しんでいる人もいるという微妙な時期に開催した意味は、

これから問われることになりますが、

暗く沈んでいた国民の中にも、感動や光を見た方も多くいたのも事実だと思います。

頑張れば、やれぬこともないという一つの証明として捉えるのであれば、

危ないから何もやるな!

と叫び、それに習うことだけが、道ではないという方向性を指し示したものでもあります。

止めることは簡単な選択であるものの、

行うことは、それ以上にパワーを使うもの。

オリンピックが成功したという建前をアピールするのであれば、

コロナの封じ込めに成功したという結果を、

今度は国として団結した姿勢を世に示せることができることを願うばかりです。



2021年9月 3日 (金)

味噌おにぎりはおやつ



パラリンピックも終盤

あっという間に時が経つことに驚きます。

今日は、肌寒い一日

利用者さんも、長袖を着て来て良かったと話されていました。


職員が先生となる大人の学校の授業の様子を見ていたところ

昔の子供のおやつについて話題となっていました。

昔は、お母ちゃんが作ってくれる味噌おにぎりが定番だったこと。

だけど、おばあちゃんが作ってくれるおにぎりとお母ちゃんが作ってくれるおにぎりは

味が違うんだとか。

そのあたりは、年の功で、おばあちゃんの味に軍配が上がっていたようですが、

私も子供の頃は、味噌おにぎりを作ってもらって食べた記憶があります。

おやつを欲しいと言えば、味噌おにぎりをパパっと握ってもらえたことを覚えています。

とても美味しかった味噌おにぎりでした。


味噌おにぎりがおやつの世代は、私らがぎりぎりなのかなと思いつつ

今の子供らには、思いもよらぬものでしょうか。

今のお母さんで、味噌おにぎりを作ってくれるお母ちゃんはいるのでしょうか。


S__30572557


さて、今日のおやつは利用者さんにも手伝ってもらって、

お好み焼きを作っています。

私が見にいくと、利用者さんからは「この包丁切れねっちゃ」と注文を受けたりしながら

とても美味しそうなお好み焼きが出来上がっておりました。

ソースの香りが香ばしかったです。


S__30572554





2021年9月 1日 (水)

虫の音は涼しげ



9月になりました。

秋です。

気温も20度を下回り、少し肌寒い一日でした。

私の自宅周りは、田んぼに近いことから、今の時期は一晩中、

コオロギやらの虫の音の合唱が明け方まで繰り広げられています。


日本人は、風鈴の音を耳にするだけで、体温が下がると言われていますが、

蛙の合唱には暑苦しさを覚え、虫の音では涼やかな気持ちとなるというのが、

これまでの生活環境の積み重ねで身に付いたものかもしれません。

日本人なら誰もがそうというわけではないかもしれませんが、

四季の変化に富んだ環境で育ってきた日本人ならではの感受性は、

他の民族よりも長けているのかもしれません。




2021年8月25日 (水)

パラリンピック開幕

24日の夜にかけてパラリンピックの開会式が行われました。

東京オリンピックの開会式や閉会式が、ほとんど印象に残らなかったのに対して、

此度のパラリンピックは、とても心に響くものがありました。

片翼の少女を中心に展開される演目は、眠気眼で横になっていた私ですら

最後まで見届けたくなるように、引き込まれたものです。

身体に障害を持たれた方やジェンダーからの公募で集った方らが参加しての演目には、

誇りをもってその場に立つ意思の強さや、一生懸命さを感じました。

そして、華々しく展開される日本らしさ(光るデコトラとか)を加えながら、

盛り上がりを見せた、プロジェクションマッピングやらロックギターの競演は、

雨が強くなる中でも、とても印象深かったです。

私が感じた反応と同じように、ネット上で上がる評価も好評だったようです。

オリンピックと比較されてこその見る目もあったかもしれませんが、

利権が絡んだり、横やりが入ったりしなかった分、

本来、描きたかったものを世界に発信することができたのだなと思うと、

素直に良かったなと思ったところです。



今日から始まるパラリンピックですが、利用者さんもテレビを見ながら、

選手らの活躍を見守っていました。

コロナ禍の中、様々な課題があるかと思いますが、

安全に、個々の目標に向けて頑張って頂ければと願うばかりです。


S__30482434





2021年8月 7日 (土)

東京オリンピックとは



東京オリンピックは、いよいよ明日で閉幕となります。

このオリンピックの期間、皆さんはどのようにオリンピックを楽しまれたでしょうか。

ここ青空では、毎日の朝の挨拶で、日本勢の活躍や獲得メダル数の紹介から始まり、

皆と一緒に喜びを共有したりと、大きな話題として取り上げております。

その反面、どうしてもコロナウィルスの感染者の話題が切り離せません。

その不安の中、開催されたオリンピックですが、

終わりを迎えるとなると、どこか寂しい思いとホッとする思いがあります。

皆さんにとって、何が思い出として残りましたでしょうか?


S__30253063






個人的なオリンピックベストインパクトシーン

・開会式入場行進曲に日本のゲーム音楽の起用
 ゲーム世代には胸が熱くなる演出

・卓球男女混合ダブルス
 抱き合って嫌がられての子弟コンビの笑顔がゴールド

・ソフトボール優勝
 選手らのメダルの掛け合いイイね!

・卓球3人娘の笑顔で銀メダル
 悔し涙ではなく嬉し涙で締めくくれて良かった。

・男子卓球団体の銅メダル獲得時の張本選手のハグ
 勝利した水谷選手の腰にハグする張本選手
 抱きついてくるうちの子供とかぶってしまいカワイカッタ。

・海外選手・記者らに日本のコンビニやお菓子が大好評
 なんでもそろう。なんでも旨いと評判だった様子。
 むしろコロナ制限下では、これが触れられる唯一の日本文化だったのかな?




2021年8月 5日 (木)

続・青空夏祭り



蝉がワンワンと鳴くこの頃

毎日が真夏日

異常気象とも言えるような暑い日が、このオリンピックの時期に各地で起こっております。

果たして、北海道で始まるマラソン競技などは、大丈夫なのでしょうか。

熱中症で倒れてしまう選手がいないことを祈るばかりです。

さて、今日も昨日に続き、夏祭りが開催されました。

青空露店では、スイカ、かき氷、ところてんを提供しております。

この暑い夏に負けないように、食べられるのなら、全種類食べることもできます。

利用者さんにも手伝ってもらいながら、露店も大盛況だったようです。


Cimg4653



そして、さっぱりとした味覚を堪能した後は、待ちに待った踊りの部が始まりました。

今日も気合を入れた私の衣装は、股旅ものから始まります。

昔懐かしい「旅笠道中」から始まります。

耳に馴染んだ曲なので、知っている方も多い曲です。


S__30236705



S__30236706



ついでは、職員による花笠音頭の始まりです。

丁度、本日から、山形市において花笠祭りも始まります。

コロナ禍ということもあり、人数を限定した形での開催となったそうですが、

果たして反応はどうなのか、気になるところです。

岡田施設長も乱入しての花笠音頭も、皆の手拍子に合わせて盛り上がったところです。


S__30236702


そして、再び登場したのは、昨日と同じマドロスさんです。

歌は「流転の波止場」、軽快なリズムでステップを踏む姿に、

利用者さんもメロメロのご様子です。

私には、女性の利用者さんの目がハートマークになっているのが見えましたよ。


S__30236700


次いで巻き起こるアンコール

せっかく頂いた呼び声に応えぬわけにはいかないものなので、

臨時で用意していたもう一曲を披露します。

最後まで、盛り上がった青空の夏祭りでありました。



2021年8月 4日 (水)

青空夏祭り開催



オリンピックで盛り上がる中、青空でも夏祭りが開催されました。

うだるような暑さの中で、利用者の皆さんに涼と楽しさを提供しようと、

本日は盛りだくさんの企画が行われました。

まずは、利用者さんにも協力してもらって、夏の涼を楽しんで頂けるように、

特別な冷たいおもてなしから始まりました。

大きなスイカを、利用者さんと一緒にカットして、本日のおやつとしております。

また、夏の定番のかき氷も利用者さんにも振舞われました。

かき氷とスイカという、夏の際たる涼の提供ということで、利用者さんも喜ばれていました。


Cimg4619



Cimg4627



そしてメインで行われたのが、職員による踊りのショーでございます。

この度は、夏の海を思い浮かべて頂けるようにと、私もマドロス姿にて登場!

利用者さんに、踊りを2曲披露しております。

手拍子や、拍手、皆さんの笑顔を見ることができました。


Cimg4641




そして、職員による恒例の花笠も披露されております。

手拍子に合わせて、回る花笠鮮やかに、夏の花笠を堪能したところです。


S__30236695


利用者さんにも、本日の企画は大変楽しんで頂けました。

少しばかりの青空からのプレゼント、いかがでしたでしょうか。



2021年7月28日 (水)

表彰式と卒業式



オリンピックの熱戦が続いております。

「私が応援した試合は負ける」

というネガティブ思考の私ながら、

先日行われた、卓球、ソフトボールの試合は、テレビの前に座って見守りました。

選手らの活躍に対して、拍手をし、声を挙げ、息を吐いて試合の経過を見守りました。

そのどちらも、接戦の末に、金メダルを獲得したのです。

夜遅くにはなりましたが、表彰式まで見入ってしまいまいた。

いつもはスポーツの試合で熱くなることなどない私ですが、

やはり国の威信を背負って活躍する選手らの健闘には胸が熱くなりました。

どれほどの重圧を抱えて、これまで頑張られてきたのでしょう。

おめでとうございます。

私も、その瞬間の喜びを共有することができました。



さて、本日の青空では、ご利用になられていた利用者さんの目標が達成し、

状態が改善されたということで、次のステップにあがるために

青空つどいの家を、卒業することになりました。

「ここに来ることができて本当に良かった」

と終わりの時間に、皆の前で挨拶をされて、歌を披露されていました。

本来は、皆の前で歌を歌おうなんて思ったことはなかったらしいのですが、

ここに来て、いろんなことに挑戦することが出来て、良かったと振り返られていました。

別れは新しい出会いでもあります。

利用者さんのさらなる活躍を期待しております。


S__28663811





2021年7月26日 (月)

オリンピック メダルの報



オリンピックの競技が進むにつれ、メダルの報が新聞を鮮やかに飾り立てています。

これが毎朝の楽しみともなっておりますが、

臆病者の私は、せっかくのオリンピックもライブで楽しむことは苦手です。

私が見るといつも悪い結果になってしまうという、試合あるあるに関しては

それを言い訳に、ショックを受けることを恐れ、

結果のみを翌日知るようにしています。

ですので、水泳の大橋選手の活躍も翌朝知ることとなりました。

金メダルとともに、笑顔で新聞を飾られたメダリストの姿はとても良い表情をされていました。

朝から元気をもらったような気持ちになります。

利用者さんとの話題も、メダリストの話へとなります。

ライブ中継で、金メダル獲得瞬間の様子を見守られた利用者さんも、

笑顔で話をしてくれました。

今だから、共有できる喜びの時間を大切にするとともに、

その裏で、実力を発揮できなかった選手らがいることも見過ごしてはいけないものです。

展開されていく競技とともに、そこにある人間模様は、

今年の夏、どのようなかたちとして、振り返られるのでしょうか。



2021年7月24日 (土)

東京オリンピック



23日、夜、東京オリンピックの開会式が行われました。

私も、家族と一緒にその瞬間をテレビの前で見守りました。

滅多にない歴史的な一幕ですが、遊びに来ていた子供らは、

親がいくら見ていた方が良いと言っても、心オリンピックにあらずという様子で

汗だくになりながら、追いかけっこを繰り返しています。

子供らには、歴史的な開幕を小さな画面越しで見るよりも、

今がまさに唯一の彼らのオリンピックを堪能しているようでした。


様々な問題が累積しているオリンピックではありましたが、

多くの世界中から集まった選手たちが、日本に集っていることは、

ひとつの結果として、心に残るものでした。

・・・まぁ、途中で寝てしまいましたけれど。

さて、そんな開会式でしたが、本日、利用者さんに開会式の様子を聞いてみました。

見た人は手を挙げてみてくださいという問いには、ぽつらぽつらと。

その中でも、特に思い入れが強かった利用者さんの感想は

「なんか残念だった。昔のオリンピックはもっと整然としてたから。」

過去に見た東京オリンピックの感激の前には、

今回の多様性を主軸に置いたオリンピックは、そのようにうつられたのでしょうか。

この度のオリンピックに関しては、様々な意見が噴出すると思います。

今は、ただこれからの長い戦いの中で、

無事に終わってほしいと思うところです。



2021年7月21日 (水)

オリンピック開幕



青空に浮かぶは夏の入道雲


S__28663811


東京オリンピックがついに開幕となりました。

本日は、女子ソフトボールの試合を皮切りに、

試合の模様が、テレビで中継されていました。

デイルームの中でも、利用者さんは手芸の手をとめて試合の様子を見守っておりました。

得点を重ねる日本チームを見ながら、利用者さんの表情も明るいです。

ついに開幕となったオリンピック。

明るい話題よりも、むしろ周囲を囲む暗雲は日増しに色濃く淀んでいるようですが、

徐々にその雲が晴れていき、青空が見えるぐらいの活躍を期待したいところです。


S__30089231





2021年7月13日 (火)

消防避難訓練



世の天候は気まぐれに雨を降らしたりするので、

最近は空模様を見る機会が増えてきているような気がします。

本日は、年に2回行われるうちの一つの消防避難訓練が行われました。

今日は、天気も持ちこたえているようなので、玄関に利用者さん用の椅子を並べ、

非常ベルがけたたましくなるその瞬間を待ちました。


防災業者さんの立ち合いのもと、計画に沿いながら、訓練は行われます。

調理場から出火したという想定で、非常ベルが作動し、第一発見者が、

デイルームに飛び出して、火事ぶれを行います。

それを機に、職員は消火班と避難誘導班に分かれて動きます。

利用者さんも、自ら動ける方は、職員の指示で、避難口を目指し歩き出します。

介助が必要な方に、職員は寄り添って移動を開始します。


S__29949975


避難集合場所へと利用者さんが集まり、職員による人数確認が行われました。

無事に、避難するまでの時間は、前回行われた時間より短縮できたようでした。

誰も転倒することなく、スムーズに避難することができたと思います。


S__29949967


そして、次いで行われたのが、消火訓練です。

使用するのは、水消火器で、業者さんの使い方の説明を、皆で聞きます。

そして、代表者の職員と、利用者さんも交えて、

消火器の使用訓練が行われました。

無事に、火のプレートが倒れたときは、歓声が起こっています。

そんな中で、本日も問題なく、消防避難訓練は行われたのでした。



S__29949963



S__29949958





2021年7月 9日 (金)

くもりのち雨



昨日、首相から4回目の緊急事態宣言発出に対する説明が行われていました。

オリンピックまで、2週間を残すこととなった現在、

周りがこのような状態になっていることが信じられません。

おそらく、多くの人が、現実を受け止めきれていないのではないでしょうか。

果たして事態は収束の方向に向かうのでしょうか。


ここ最近、雨は降るものの、周囲の田んぼには、水がほとんどありません。

水田に入れるだけの水量がないのでしょうか。

ここ数年、このような状況は稀に思えます。

さくらんぼの霜被害に加え、稲作にも影響が出ているのではと心配になっています。

そうした中で、しばらく天気が雨模様と続くようですが、

この雨が、恵みの雨となり、水田を潤すまでになればと思います。

ですが、ところ変われば、水害で大変な地域もあるのです。

世の中、これまでうまく回っていたバランスが崩れて、

偏りによる弊害が起きているような気がします。

なかなか雨が降らない曇り空を、今日は恨めしそうに眺めているところです。


S__29892614





2021年7月 8日 (木)

七夕の願い



利用者様のお宅でも、小さなお子さんがおられるのか、

自宅前に笹の葉に括りつけられた短冊が飾られていました。

「皆が健康でありますように」

という純粋な願いともうひとつ、

「お金がたくさんたまりますように」

と、これまた純粋な願いが、たくさんのおもちゃのお金と一緒に飾られていました。


S__29859845


日本はまだまだ大丈夫なんだなと思いました。



S__29859844




2021年7月 7日 (水)

七夕の日



局地的な大雨によりもたらされた被害の状況が、各地で報告されています。

昨年も山形県では、最上川が氾濫する洪水被害が立て続けに発生しました。

静岡県で甚大な被害をもたらした後、本日は島根県にも避難指示が発令出されたようです。

そんな、暑い雨雲に覆われたような日本列島でありますが、

今日は、七夕だったんですね。


S__29827077


短冊に願い事を記し、笹の葉に掲げること。

願いは声に発した方が叶うもの。

願いは目に見えるように書き示した方が叶うもの。

そのように、自己啓発の話だったろうか、そんなことを聞いたことがあります。

青空の短冊にも、利用者さんの願いごとが記されていました。

健康に・・・、楽しく・・・余生を過ごしたい。

そんな言葉が、印象的でした。

青空でも、そのような願いが叶うようにお手伝いできればとも思います。


Cimg4549


せっかくの七夕でしたので、女性の利用者さんには織姫に扮するように

着物を着用してもらって、職員ふんする彦星との間で、

笑いが起こる催しと、記念の一枚が撮影されております。

空は、雲で覆われていますが、笑いが起こった一日でありました。




2021年7月 1日 (木)

下半期はじまり



2021年も半分を経過しました。

早いものですね。

テレビの話題と言えば、

オリンピックやるの?

コロナ大変だー!

ワクチン早くしてー!

またクマ出たー!

というネガティブな話題ばかりが、毎日色濃く繰り返されています。

もっと、世間が明るくなるようなポジティブな話題が欲しい中で、

唯一、希望の光となっている話題が、オオタニサンです。

アメリカのリーグで、ホームランを連発し、首位を独走する活躍を見せております。

日本人が、世界の舞台で輝いている話題は、心が昂るので私は大好きです。


それにしても、まもなく世界の舞台の中心となる日本が、

ハチャメチャになっている現状がとても悲しく残念でなりません。


また、世界に目を向けると、今年も異常気象が巻き起こっているとのこと。

普段であれば、30度前後で推移する街の気温が、

現在、最高で49.5度という、すさまじい熱波に巻き込まれているのだそうです。

世界規模のニュースですが、未だどこかで、異常気象が起きているという現実は、

いつ日本にも降りかかるやもしれません。

もうすぐ、オリンピックなのに、今年の7月後半から、

気温が上がると言われていますので、要注意です。

ウィルスと自然の猛威に、人類はどこまで抵抗できるのでしょうか。


そんな話題も、この度の青空新聞に掲載しておりますので、

是非ご覧になってください。

今日の青空のぎぼしと稲の様子です。

きれいに花が咲いて、見頃ですね。

ただ、歩くところまで弦が伸びているので、ぶつかって傷つけてしまわないかと

心配になってしまうところです。


S__28663811


今日の青空カフェの社食は『海老アボカド丼』です。

感想は・・・

エビがしょっぱかった。


S__29696007





2021年6月21日 (月)

そんな珍しくもないモノ



ここ河北町にも山はあり、山際に住まわれている利用者さんが、

先日興奮して報告してくれたのです。

「家のまえの庭さ、カモシカいだけのよ。初めて見で驚いだんだ。」

利用者さんの自宅は、青空からも車ですぐの所にあるのです。

カモシカが身近に現れるなんて、私もびっくりした話題でした。


さて、そんな中、私も休日を利用して、天童の舞鶴山の公園に行ってきました。

ここには、今年新しくできた遊歩道があるのです。

階段を利用すれば、山の上まで登って行けるという、

散策路としても、なかなかの運動になります。

紫陽花が咲いていたその散策路を歩いていた時に、突然一緒にいた家族が何かを見つけ、

あっと声を出して駆け出したのです。


紫陽花咲く手近な斜面の草むらに、一匹のカモシカがいたのです。

私らが、近くにいても、一向に気にする風でもなく、草をもしゃもしゃしていました。

私らが、珍しい珍しい!と、興奮ぎみに写真を撮ったりしていたところ、

通路を歩いてくるご老人にも、カモシカがいると興奮して伝えたところ、

「あんなのそこらへんによく出るんだ。珍しくもねーよ。」

とのこと。

恐るべき地元の方の慣れ。

去り際に、

「あんまり刺激すっと突っ込んでくっからな。」

とご注意を頂きました。


天童市内にある山の中に、カモシカがいるということも初耳でしたが、

それが日常的な光景となっていたことも初めて知りました。


S__4153360


カモシカ(天然記念物)は、さほど珍しくもないということだそうです。



2021年6月19日 (土)

ちぎり絵大作



このところ、さくらんぼ泥棒の話題をニュースで頻繁に耳にします。

今年は、凶作とされるさくらんぼですが、こんな中でも人的被害がもたらされることには

悲しくなってしまいます。

こうしたさくらんぼ泥棒のニュースは数見れど、犯人が捕まったというニュースは

私の知る限り、聞いたことがありません。

警察と農家の方との対策に取り組むニュースが放映されていましたが、

是非とも、農作物の泥棒の検挙にも繋がることを期待しております。


S__29442052


さて、本日、利用者さんが、頭を並べて、ちぎり絵の大作の仕上げに取り組まれていました。

「ここは、こうしたかったのよね。」

「良い色合いの紙が見つからなかったの。」

と、完成した作品を見ながらも、思うところはいろいろとあるようでした。

それにしても、細かいちぎり絵の作品は、多くの利用者さんが携わって作られただけに、

個性もあって、よくできておりました。



S__29442050


こちらのちぎり絵は、デイルームに大きく飾られました。



2021年6月16日 (水)

里親さん募集のお知らせ

いつもお世話になっております。

この度、おひとり暮らしをされている利用者様が諸事情により、

現在一緒に暮らしているチワワさん(老犬)と、一緒に暮らしていくことが、

困難な状況となる見込みというお話を耳にしました。

つきまして、チワワさんの面倒を見て頂ける里親さんを、現在探しております。

もし、興味がある方がおりましたら、青空までご連絡頂ければと思います。

連絡先
0237-72-6558 (担当:田宮・結城)
aozorak@ic-net.or.jp

ちわわさんの紹介
名前:みらいちゃん
通称:みーちゃん
居住:河北町
年齢:推定11歳(老犬)
気性:人見知り
  :ご主人以外には気性が荒い?
  


Cimg4447



2021年6月11日 (金)

わらびがとどいた



青空を利用して頂いている利用者さんが、

近くの山から採ってきたのだと、たくさんのわらびを持ってきてくれました。

これはすごい量!

そして、とても新鮮なものがたくさん!


S__29351941


にこにこしながら届けてくれた利用者さんを招いて、

冷たいジュースをご馳走しました。

活き活きとした利用者さんの表情は、いつもとはまた違うものです。


S__29351942


昨日、明日と気温が高まっています。

どうか、熱中症には皆さん気を付けてくださいね。

ありがとうございました。



2021年6月 9日 (水)

私と君でさくらんぼ



山形県の河北町を東京オリンピックの聖火リレーが横断したのが、

先日の日曜日のこと。

私も、一生に一度の機会だからと、ソーシャルディスタンスを保って、

応援に行ってきたところです。

実際に目にすると、気持ちも高揚してしまいました。

何事もなく、無事にオリンピックも開催になればと願うばかりです。


さて、本格的な夏の到来ということか、今日も28度に迫る気温上昇となりました。

暑さを実感する日々が続いております。

今日も、青空では、利用者さんは元気に活動されています。

写真は、テーブルゲームの様子をとらえたところです。

夏らしいカラフルなコップだなと思ったところです。


S__29335568


さて、山形ではさくらんぼが始まっております。

利用者さんからおすそわけして頂いたさくらんぼを、さっそくおやつの時間に

皆さんで頂きました。

「冷たくて美味しい!」

「何個でも食べられるわ。」

と、評判は上々です。

山形県あるあるですが、いろんなところから、おすそ分けを頂くので、

さくらんぼを買って食べたことはないというのがあります。

今年も、さくらんぼを皆さんと一緒にたくさん食べられると嬉しいですね。


S__29335571


2021年5月28日 (金)

今日も青空だ



朝方は路面が濡れている曇り空でしたが、しだいに雲は流れ

昼からは気持ちの良い青空が広がりました。

日差しが気持ちよく、カフェ前に椅子を持ち出して、

日光浴がてら、花や植木の手入れを行っています。

久方ぶりに、カフェ前の日差しよけを広げてみたところです。


S__29237256


利用者さんは、器用に花をカットされています。

私は、土いじりが苦手なので、植替えする様子を応援するばかり。

外に出て、日の光を浴びるだけで、元気になったような気持ちになります。


S__29237257


硬くなってしまった両手の指を見せてくれながら、

「あなたのきれいな指がうらやましいわ」

と笑いながら話されている利用者さんが印象的でした。


S__29237252




2021年5月25日 (火)

今日は良い天気だ



今日は久々に朝から良い天気

先日、山形市上空を飛んだブルーインパルスには、

こうした青空をバックにして欲しかったなと思います。


窓を開けていれば、気持ちの良い風が吹き抜けていきます。

外では、緑の鉢に水をやるご夫妻の姿がありました。


S__29220881


3時のおやつに向けて、おやつ作りをされている利用者さんもおります。

香ばしい香りが立ち込めています。


S__29220882


カラオケルームには、久方ぶりに歌声を披露されている利用者さんの姿がありました。

「100日ぶりに歌を歌ったんだけど声が出ないのよ」

笑いながら、そうおっしゃられていました。

声を出す機会、歌を歌う機会を持つというのは、大事なことです。


S__28663811




2021年5月22日 (土)

皮を剝ぐ



頂いた花を、利用者さんがきれいに花瓶に生けてくれました。

花が飾られていると、心が和みます。


S__29196313


今日も細竹をたくさん頂きました。

さっそくと利用者さんにご協力を頂いて、細竹の皮むきが行われました。

和気あいあいと進むかと思いきや、

「口より手を動かして!」

と厳しいご指摘なんかあったり。

皆さん、手慣れた様子で、上手に皮を剥いて頂きました。

こちらも、調理師さんに渡して、上手に活用していただくことになるのでしょう。


S__29196311


さて、先日利用者さんから頂いた孟宗竹は、

本日のおかずで、煮物として皆さんに振舞われました。

柔らかく味もよく美味しかったとのことです。


S__29196309





2021年5月20日 (木)

掘りたて山の幸



朝のデイルームに大きなあるものが届きました。

それは何と、利用者さんが自らが掘り出したという孟宗だけ。

かなりデカい!

しかも二本!


S__29188113


こんな立派な代物は、お店でもなかなか目にする機会がありませぬ。

ポーカーフェイスのタケノコ堀名人に、皆から賞賛の声が上がります。

「たいしたことじゃない」

と言われていましたが、なんだか少し嬉しそう。


S__29188110


午後から、利用者さんにタケノコの皮を剥いてもらい、

すっかりスリムになった中身は、調理場へと渡っていきました。

今日はとても良い天気です。

山形市上空では、ブルーインパルスのテスト飛行が行われているとのこと。

青空の下、遠くの山並みを見ながら、穏やかに談笑されている利用者さんの姿がありました。


S__29188108